サイトを訪問してくださってありがとうございます。

30代後半主婦です。

このサイトは30代後半の主婦が、高齢者ドライバー(82歳)の不注意で開けられた車のドアに自転車で激突して事故をもらい、高齢者の脅迫と医療費未払いの末、裁判を起こし加害者と戦いの和解で賠償金を勝ち取ったまでを綴った体験談です。

①から順に読んでいってもらうと、時系列に並んでいるのでわかりやすいです。

もう示談はすんでいるのですが、徐々に更新していこうと思います。




【目次】交通事故体験談

①停車中の車のドアが突然開いて自転車で激突。交通事故で被害者に!

②車のドアとの衝突事故、病院の緊急外来を受診。保険代理店からの連絡

③事故翌日、整形外科受診。加害者加入の三井住友海上より電話連絡がはいる

④事故3日後。警察へ診断書提出して人身事故への切り替えをした

⑤整形外科でリハビリ開始。加害者保険代理店から脅迫を受ける

⑥加害者保険代理店に人身事故を取り下げるよう脅迫されて、わたしが取った対策とは?

⑦交通事故6日後のケガの症状と実況見分のために事故自転車を修理屋さんに取りに行く

⑧実況見分/嘘つき加害者との対決!車のドアを開けたことを認めない

⑨実況見分その後、加害者が実況見分の検証結果を認めずごねる。事故の再現を要求!

⑩加害者・警察からの連絡がこない。自分で弁護士相談・新車見積もりできることをやった

 

スポンサーリンク

 

⑪加害者からの連絡は一切なし。事故から2か月半ようやく実況見分調書を作成した

⑫よろしいならば裁判だ!と意気込んだけれどまだ時は来ていなかった。とりあえず治療に専念しよう

⑬敵は加害者だけじゃない!?病院の担当医師から保険会社との話し合いをしつこく勧められる

⑭裁判に向けて弁護士を依頼。民事裁判申し立てのための準備にかかる

⑮検察庁からの出頭要請で調書を作成。起訴か不起訴か・・・

⑯検察庁からの通知書全文公開「加害者不起訴(嫌疑不十分)」

⑰加害者も弁護士をたててきた。受任通知が担当弁護士に届く

⑱民事裁判の訴状を作成するため担当弁護士と打ち合わせ

⑲警察官は事故の証人になって証言してくれるのか?

⑳検察審査会への不服申し立て方法と記載内容

 

スポンサーリンク

 

21.交通事故の民事裁判の訴状案とその内容

22.交通事故第1回民事裁判はいつの間にか終わってた

23.第2回裁判。初めての裁判所体験に緊張と怒りと心強さと

24.第二回裁判を終えて第三回裁判準備。怒り再爆発

25.第3回裁判で裁判所からの和解提案、和解金はいくら?

26.まさかのじじいの和解承諾。和解金の振込口座や振込期限は?

 

【主張】高齢ドライバーから免許を取り上げよ

最近、高齢者が増えたためかそれともニュースに取り上げられるようになったせいか、高齢者の事故をよく耳にします。

子供をのひき殺したり、小学生の通学の列に突っ込んだりというニュースが珍しくないですよね。

わたしは自分が高齢者と交通事故を起こすまで、どこか他人事のように感じていました。

でも実際に交通事故を体験して思ったことが

☑高齢者は感覚が鈍っている

☑高齢者の記憶は都合のよいように書き換えられる

☑頭が凝り固まっているので素直に認められない

☑年の功だけ知り合いがいるので悪知恵を吹き込む人が出てくる

です。

見てもらえばわかると思いますが、私の中のイメージはかなり悪いです。

高齢者ドライバーの起こした交通事故もよくはないのですが、その交通事故あとの対応が最悪。

「事故後証言を翻して、事故は起こしておらずわたしから自動車のドアにつっこんだ」と主張しだす。

しかも、車のドアは開けていないと主張。

警察に人身事故の届け出を出した瞬間に「裁判所に持って行って1円も払わんからな。取り下げをするのなら払ってやる」と脅迫しだし上から目線。

本当最悪。

実は自転車で3分ほどの場所にあるご近所なんです。

事故現場はじじいの自宅前。

通るとムカつくのでいつも迂回しています。

2018年1月現時点で事故から2年が経過。

加害者は年が年なのでもうお亡くなりになっている可能性もあります。

そしてそのじじいの会社(会社経営)が大通りに面した場所にあり、ここはどうしても前を通らざるを得ません。

通るたびに頭がしびれるくらい今でも怒りがわいてきます。

これだけの恨みを買っているという自覚はないでしょうね。

本人だけではなく、その会社の人間もじじいの息子や奥さん、すべてがいらついて大っ嫌いです。

 

とわたしの怒りをぶちまけたところで、今後の高齢者ドライバーについてですが

☑年齢で区切りをつけて免許を返納させる

☑空間認識能力等運転に必要な能力レベルで区切りをつけて免許を返納させる

ということ提案します。

高齢者の能力を確認して合格しないと免許が更新できないということは、すでに実施されているもしくは実施が検討されているというニュースを見た気がします。

でも、年齢でばしっと区切ることはされていませんよね。

人の能力はそれぞれなので一概に年齢で区切って判断はできないと。

もちろん人によって個人差はあるでしょう。

でも、年齢を重ねると能力が落ちるのは自然なことなので、どうしても若い人に比べたらあらゆる能力が落ちて事故を起こす確率も増えますよね。

高齢者と交通事故にあって、交通事故自体をなかったことにされ大変な思いをしたわたしとしては、これくらいしたほうがいいと思うんです。

未就学児の子供3人を持つママでもあるわたし。

今後高齢ドライバーの起こす事故によって、わたしの可愛い子供たちが事故に巻き込まれるかもしれません。

年齢は70歳くらいで区切ってはどうでしょう?

70歳~80歳のラインはちょっと微妙な気もしますが、80オーバーは完全アウトです。(わたし主観です)

返納と書きましたが、別に法律で禁じてもいいと思います。

だって子供でも18歳にならないと免許がとれないんです。

下限があるなら上限があってもいいんでは?

Copyright© 車と自転車との交通事故体験談/車のドアが突然開いてぶつかった , 2020 AllRights Reserved.