【城崎マリンワールド】アジ釣りやペンギンのお散歩が楽しい!ランチできるレストランや入場料金割引情報も。

城崎マリンワールド

兵庫県にある城崎マリンワールドへ家族で行ってきました。

城崎マリンワールドに行くのは、2度目です。

実際に今回家族連れで行ってみると、アジ釣りをしてその場で食べられたり、ペンギンが目の前をお散歩している姿を見れたりと身近に感じられる水族館で、子連れで楽しめてよかったですよ。

詳しくレビューします。

宿泊におすすめなのはこちら↓

城崎マリンワールド

城崎マリンワールド

海が見える水族館。

水族館の規模としてはそんなに大きくはありませんが、身近に魚たちをみれて感じられる工夫があちらこちらにされています。

効率的に水族館のイベントに参加できるパンフレット

お魚によって、餌やりの時間とかってそれぞれ違うじゃないですか。

あまり行くことのない水族館だと館内の場所とかも把握できていないので、どういうタイミングで次どこへ行ってとか考えるのが大変。

しかし、何時に入園したらどう回ったら効率的に見れるのかというパンフレットも作られていて、なかなか好感が持てます。

入園時間も1時間区切りでパンフレットが作られていました。

9時・10時・11時・12時・13時・・といった具合。

これでみたいイベントを見逃さずにすみます。

ペンギンのお散歩やアシカショーなど海獣が近い

城崎マリンワールドショー

水槽を介さずに、近くてペンギンやアシカがみれるイベントがあります。

普段は水槽越しにしか見れないので、こどもたちもじーっと興味津々でみていました。

城崎マリンワールドショー

ペンギンが目の前をよちよち歩いていくのとか可愛かったです

また、ペンギンやイルカなどと一緒に写真も撮れます。

城崎マリンワールド写真

ただこれは有料で先着順です。

料金はそれぞれ違います。

人気のようで、申し込み場所の近くを通ったときには、受付終了していました。¥

海が近い

城崎マリンワールドは海がめっちゃ近い。

近いなんてものじゃなくて、隣接しています。

城崎マリンワールド

波が激しければかかりそうなくらい。

日本海のにおいがしますよ。

海の生き物と触れ合える

海辺にいる生き物たちと触れ合えるコーナーがあります。

城崎マリンワールド触れ合い城崎マリンワールド触れ合い

ヒトデや貝などはわたしは大丈夫なんですが、フナムシも触れるらしくちょっと勘弁でした。

もちろん、隣りには手洗い場もあります。

こども向けイベントスタンプラリー

 

祝日の午前中に行ったのですが、ちょうど入口入ってすぐのところで、こども向けスタンプラリーが開催されていました。

参加は有料で、スタンプラリーを完成させると最後に景品が貰えるというもの。

くみんぼ「やる?」
長男「やりたい!」

ということだったので、5才の長男と2才の次男と2人分申込みました。

1人300円。

城崎マリンワールドスタンプラリー

首から下げるタイプのスタンプ台紙を貰って出発。

場所のヒントが書いてあって、該当場所をみつけてクイズに答えるというもの。

クイズの答えは、コイン削りで回答します。

コインをいちいち出すのが面倒ヽ(´Д`;)ノ

場所もなかなか見つけづらくて、ちょっと(わたしが)苦労しました。

パパチーム(夫と長男)とママチーム(わたしと次男)に分かれて一時行動していたのですが、ちょうど半分ずつ回答できていたのでお互いに答えを教えあいっこしてゴール。

城崎マリンワールドスタンプラリー景品

最後は小さなぬいぐるみのキーホルダーを貰いました。

オットセイなのかイルカなのかよく分からないけれど、こどもは喜んでいました。

イルカショー

城崎マリンワールドイルカショー

水族館のメインとも言えるイルカショー。

夫は今まで行った中で一番面白いと言っていましたが、どうやら思い出が美化されていたよう。

くみんぼ夫 「あれ?こんな感じやったっけ」

ちょっとイメージと違っていたようです。

城崎マリンワールドイルカショー

イルカやオットセイの芸が見れます。

輪キャッチや泣き声、バイバイなど。

目の前を巨大なオットセイが通過していくさまは、圧巻です。

わたしの今まで人生でみた一番のイルカショーは、白浜マリンワールドのイルカショーが印象に残っています。

まだわたしが小さい頃にみたので、今度はこどもたちと一緒に行きたいです。

城崎マリンワールドで釣りができる

釣り堀でアジ釣り

城崎マリンワールド釣り堀

城崎マリンワールド内で釣り堀があり、アジ釣りが楽しめます。

何匹釣ってもOKです。

びっくりしたのが釣り堀にたくさんのアジが放たれていること。

もうぎっしりです。

しかも、そのアジたちは弱っておらず元気で生きがいいんです。

釣り上げたら、ピチピチしていました!

滋賀の南郷水産センターのこどもたちに追いかけられて疲れはてていた、魚のつかみ取りの弱ったあゆとは大違いでした。

参考 滋賀南郷水産センターは、ザリガニ釣りバーベキュー鮎のつかみ取りや鯉餌やりが楽しめる子供のパラダイス

 

アジ釣り受付

料金を支払うと釣竿と餌とバケツが渡されます。

料金は竿1本650円です。

城崎マリンワールド釣り堀

釣り堀はいくつかあり、好きなところで釣れます。

餌は小エビ。

アジは小あじなので、この小エビを更に小さくちぎって針につけて釣ります。

5才の長男と2才の次男がはりきって釣りに挑戦。

夫とわたしでひたすら餌つけ係。

わたしも釣りたくて、竿を3本レンタルしたんですが、針が取れてしまった長男に取られてしまいできませんでしたm(_ _)m

くみんぼ(長男はともかく、2才の次男は釣れないかも・・・)

なんて、わたしの心配はすぐに杞憂であることがわかりました。

釣れる釣れる!

釣りのコツなんて考えなくても、突っ込めば釣れます。

エサつけているかつけてないか関係ないんじゃない?ってくらい、竿を振って釣り堀に針を入れるとアジがすぐに釣れます。

こどもたちも大喜び。

アジが釣れたらアジの重みで針が取れてしまうので、素早く地面に下ろさないといけないのですがなかなかこどもには難しく、早々に針が取れてしまいました。

それでもこんだけ釣れました!

城崎マリンワールド釣り堀

釣り終わると、長男よりも次男の方が釣れていて、長男が数をあわせるために次男のアジを少しわけてもらっていました(笑)

城崎マリンワールドに行った日は晴天だったんですが、雨でも釣りはできるんでしょうか?

釣れたアジは持ち帰りかその場で天ぷらにしてもらえる

自分で釣ったアジは、自宅に持って帰ることもできるし、釣り堀の前にあるアジカフェで調理してもらい天ぷらで食べることもできます。

せっかくなので、半分を天ぷらにしてもらい、残り半分を自宅に持って帰ることにしました。

釣ったアジの持ち帰り

城崎マリンワールド釣り堀アジ持ち帰り

持ち帰りは、釣り堀の受付で言えば保冷剤入りの発泡スチロールにアジを入れてくれます。

10月だったので半日ほどは保冷剤で持つけれど、それ以上の時間がかかるようであればコンビニなどで氷を追加したほうがいいとアドバイスを受けました。

それから注意する点が1つ。

アジの内臓は必ず取り除くこと。

釣り堀のアジなので、針を飲み込んでいてお腹に入ってる可能性があるからとのことでした。

帰宅するのは夜になるので、途中でアドバイス通りに氷を追加しときました。

釣ったアジは帰ってから、わたしが3枚におろしておきました。

アジカフェで天ぷら

釣り堀人気もさながら、天ぷら人気もすごくて待ち時間が20分ほどありました。

アジカフェにアジが入ったバケツを持っていくと、番号札がもらえます。

城崎マリンワールド釣り堀アジカフェ

スタッフさんが、目にも止まらぬ速さでアジをさばいてくれます。

そして順番に天ぷらになっていきました。

ここでは自分で釣ったアジだけではなく、ちくわ天やイカ天やドリンクなども注文できます。

ただ、アジの天ぷらは自分で釣らないとメニューにはないので注文できません。

釣った人だけの特権ですね。

天ぷら衣は、小麦粉を水で溶いただけです。

食物アレルギーで、卵・乳製品アレルギーでも大丈夫

ただ同じ油でちくわ天などを揚げているので、かなり敏感だと出てしまう可能性もあるかなと思います。

天ぷらがあがったら、最後に塩をかけてくれます。

出来上がったら、番号札の番号を呼んでくれるのでそのときにお会計。

城崎マリンワールド釣り堀アジカフェ鯵の天ぷら

店内にテーブルと椅子もあるので、熱々の天ぷらをすぐに食べられます。

次男「おいしい」
長男「うまい」

水族館で魚釣りをして、その場で食べさせる。

海の側ならではの企画ですね!

城崎マリンワールドの入場料金

城崎マリンワールド入場料金

入場料金

城崎マリンワールド入場チケット

大人2,470円

子供(小中学生)1,230円

幼児(3才以上)620円

年間パス

大人7,000円

子供(小中学生)3,500円

幼児(3才以上)1,500円

1年に3回以上行くのであれば、年間パスがお得ですね。

城崎マリンワールド入場料金の割引やクーポンはあるの?

これ、かなり念入りに調べて、あちこちに問い合わせもしました。

それでわかったことは城崎マリンワールドの割引やクーポンやチケットはあまりないということ。

よくあるJAFカード提示での割引コンビニ購入での割引もありません。

城崎温泉の旅館に泊まったのですが、割引券は置いてませんでした。

メルカリを調べてみると、以前株主優待か何かで割引券があったようなのですが、現在はないようで購入できる割引チケットはまったくありませんでした。

城崎マリンワールドの徒歩1〜2分のすぐ隣に、金波楼というホテルがあります。

そのホテルに宿泊すると、城崎マリンワールドの入場料金が半額割引になる2日間有効の割引券がもらえます。

一度のこの半額割引券で入場すると、翌日は無料で入れるということらしいです。

城崎マリンワールドを堪能する予定であれば、めっちゃお得です。

>>>日和山温泉 ホテル金波楼を見てみる

あと城崎温泉の旅館によっては、城崎マリンワールドの入場券付きのプランもありました。

城崎マリンワールドで食事 ランチができるレストラン

城崎マリンワールドにはランチができるレストランやカフェがいくつかあります。

シーランドカフェ

城崎マリンワールドランチカフェ

イルカショーが行われるシーランドの座席後方にある、ショップ。

カフェとはいっても、ちょっとした売店です。

ドリンクやポップコーン、クッキーなどを販売しています。

ダイブカフェ

シーランドカフェと同じような売店です。

ダイブゾーンの申し込み受付と一緒になっています。

ダイブゾーンはイルカとの触れ合いなどができますが、有料。

シーランドレストラン

城崎マリンワールドランチカフェ

アジカフェの隣りにあるシーランドレストラン。

ここが城崎マリンワールドの中では、一番ランチらしいランチが食べられます。

メニューは海鮮ものもありますが、一部やっていないメニューもありました。

ちょっと高いかな。

城崎マリンワールドランチカフェ子供用メニュー

子供用のメニューもあります。

アジカフェ

城崎マリンワールドランチカフェ

さきほどアジ釣りで紹介したアジカフェ。

アジの天ぷらだけではなくて、ちくわ天やイカ天、ドリンクなども販売しています。

中に席もあるので座って食べられます。

イカ焼き

城崎マリンワールドランチカフェ

名前が分からないのですが、アジカフェの隣りに、イカ焼きやちくわ焼きドリンクを販売しているお店があります。

店内にもちょびっと椅子がありますが、あまり店内で食べる感じではなく、テイクアウトしてそこらへんで食べる感じです。

わたしは出たところの階段に座って頂きました。

常に行列ができて忙しそうだったんですが、ベテランそうな女性スタッフさんが一人で回していました。

カフェ&レストラン テラス

城崎マリンワールドランチカフェ子供用メニュー

城崎マリンワールドを1回出ないと行けないレストラン。

入口スタッフさんに言えば、再度入場が可能なので、ランチだけしに一回でるのもいいと思います。

出たらすぐの建物の中にあります。

海を見ながら昼食が食べられて、お値段もまあまあです。

城崎マリンワールドでランチをしようと思ったら、このレストランが一番種類も多くて落ち着けておすすめです。

城崎マリンワールドランチカフェ子供用メニュー

もちろん、子供用メニューもあり、城崎マリンワールド内のレストランよりもお手頃価格。

ジオカフェ

このカフェも、一度城崎マリンワールドをでないといけません。

カフェ&レストラン テラスの隣りの建物。

位置関係で言えば、城崎マリンワールド出入口→カフェ&レストランテラス→ジオカフェです。

入口はお土産販売をしており、奥に進むとジオカフェがあります。

城崎マリンワールドランチカフェ子供用メニュー

ハンバーガーや竹野浜の海水から作られた塩を使ったソフトクリームなどが食べられます。

城崎マリンワールドランチカフェ子供用メニュー

見晴らしもいいし、美味しそうだしここで食べればよかったな〜と後悔。

城崎マリンワールドお土産

城崎マリンワールドお土産

城崎マリンワールドのお土産は、城崎マリンワールドを出た所にあります。

再入場も可能なので、あらかじめ再入場する旨を出口で伝えてくださいね。

お土産は海鮮や水族館のグッズなどです。

城崎マリンワールドへのアクセス

兵庫県豊岡市瀬戸1090番地

℡0796-28-2300

城崎マリンワールドの駐車場

 

駐車場はいくつかあって、祝日午前に行ったときには一番近い第一駐車場は満車でした。

ホテル金波楼を超えたところにある第二駐車場に駐車しました。

駐車場の料金は、1日700円。

城崎マリンワールドまでは徒歩5分くらいかかりました。

 

城崎マリンワールド駐車場

小さなトンネルを抜けていきます。

行きは下り道なのでよかったのですが、帰りは上り道で妊婦のわたしは息が切れました。

子連れ設備

授乳室・オムツ替えシートもあります。

お湯も希望すればもらえるみたいです。

城崎マリンワールドの周辺施設・観光場所

今回は、城崎温泉に宿泊したついでにこどもが楽しめる遊べる場所ということで、城崎マリンワールドへ行きました。

その他にも近くに海水浴場などもあるので、真冬の寒いときでなければ海岸で遊んだりもできます。

我が家のこどもたちは、10月にもかかわらず海に入るといってきかなかったので、水着持参で入らせました。

夫いわく、海の中の方が外よりあったかかったらしいです(笑)

コウノトリが見れるコウノトリの郷公園もあります。

また、玄武洞という中には入れない洞窟もあったりします。(どちらかというと大人向けかな〜。こどもの歩くのが楽しかったみたいです)

最後に

水族館といえば、魚を見るのがメインですが、この城崎マリンワールドではふれあったりアジ釣りをしたりするのが楽しかったです。

このアジ釣りで釣りにかなり興味をもったのか、長 は海釣りに挑戦したいと言い出しました。

暖かくなって、わたしが無事出産したらチャレンジさせてあげたいなと思っています。

この城崎マリンワールドは、完全室内ではない(イルカショーに行くときなど屋根がない場所を移動する)ので雨の日に行くのであればなにか対策が必要かもしれません。

 

くみんぼ家が今回宿泊したのはこちらです。