便利 育児グッズ

赤ちゃんの寝かしつけがびっくりするほど簡単に。背中スイッチで起こさない無印良品のビーズクッション(体にフィットするソファ)が優秀すぎる

更新日:

赤ちゃんギャン泣き背中スイッチ

赤ちゃんは産まれてすぐは、ほとんどねんねとおっぱいの繰り返し。

すぐにコテンと寝てくれたらいいのに、なぜか眠くて泣き叫ぶんですよね。

そして、おっぱいをあげてなんとか抱っこや、抱っこ紐で寝かしつけてようやく寝たと疲れた体で赤ちゃんをお布団や座布団の上におろそうとしたら・・

お目々パチ!!

 

無痛分娩三人目 「ぎゃーーーーー(ギャン泣き)」

 

寝かしつけ最初に戻る・・・

 

って育児あるあるですよね。

これ、俗に言う赤ちゃんの背中スイッチです。

背中に起きるスイッチがついているがごとく、下に置くと起きてしまう。

 

ただでさえ新生児の育児は大変で寝不足でフラフラなのに、繰り返されたらこっちが参っちゃいます。

そんな赤ちゃんの背中スイッチの発動を防ぐおすすめアイテムがあります。

 

 

背中スイッチとは

 

しっかり寝かしつけて爆睡しているはずなのに、下におろして寝かすとまるで赤ちゃんの背中に感知ボタンがついているかのごとく、即座に目をさまして起きてしまうこと。

「よくもおろしてくれたな!」

という感じで、寝かしつけたはずの赤子が泣き始めます。

毎回確実に繰り返すので、見えないスイッチが背中にあるというたとえでよく言われます。

悩むママやパパも多く、わたしも長男と次男の背中スイッチ対策をしました。

特に新生児〜首座りくらいまでは、赤ちゃんの睡眠時間が安定しておらずまとまって寝てくれません。

ようやく寝かしつけたと思ったのに、起きて泣いてってただでさえ寝不足のママには体の負担が大きすぎて、しんどいですよね。

長男次男のときは背中スイッチがいつからいつまで続いたか忘れましたが、自分ではいはいするくらいにはおさまっていたような気がします。

もしかしたら生後6ヶ月の腰がすわってきて、おすわりができたあたりだったかも。

(曖昧ですみませんm(_ _)m)

 

 

背中スイッチを発動させずに攻略する方法

背中スイッチ

とにかくやっと寝かしつけた赤ちゃんの背中スイッチを発動させずにおろすことが、難しい。

でも、わたしが使っていた無印良品のビーズクッション(正式名称:無印良品の体にフィットするソファ)なら背中スイッチが発動せずに、そのままねんねしたままで赤ちゃんが起きません。

(画像は生後2週間の三男です)

 

寝かしつけにも必須なのですが、授乳をするのにもやりやすく便利なんです。

長男のときは、最初授乳クッションを買って授乳をしていたんですが、この無印良品のビーズクッションを購入してからは、授乳もこのクッションでした方が腕も楽だし、ママが楽な体勢でおっぱいをあげられることに気づきました。

クッションの中にはいっているビーズがとっても細かくてビーズクッションがほどよい位置に調整できて、おっぱいと赤ちゃんの位置関係がピタッとハマります。

最初授乳専用クッションをつかっていたんですが、授乳クッションよりも使い勝手がよすぎる!

赤ちゃんと一緒に寝っ転がって、そのままうとうとと仮眠も取れます。

 

そこから、せっかく購入した授乳クッションは使っていません゚(゚´Д`゚)゚

処分するのも大きいので、5年経った今でも部屋の片隅に置いたままです。

(いらんならはよ処分しろよっていつも自分で思いつつ、はや5年・・・)

こうやって失敗と成功を重ねつつ、育児に便利な育児グッズがわかるんですね。きっと。
この無印良品のビーズクッションが、赤ちゃんの背中スイッチを押させずにスムーズに寝かせられて、とってもおすすめ。

これがないと赤ちゃんを寝かしつける自信がないくらい。

長男の時に、この無印良品のビーズクッションがあれば起こさずに抱っこひもからおろして、そのまま寝かしつけができたので重宝しました。

細かいビーズが、赤ちゃんの体をちょうどいい感じに包んでくれるので、赤ちゃんもおろされたことに気付かず、背中スイッチが発動しないのかなと思います。

 

くみんぼ「これが、ないと無理(ヾノ・∀・`)無印サマサマサマー

 

と思い、次男が産まれたときにも、迷わず速攻で追加購入しました。

洗濯もできるので、洗い替え用にクッションカバーは2枚買ってあります。

そしてまた三男出産前にも買っちゃいました!

 

 

背中スイッチ攻略だけじゃない!卒乳してからもお昼寝用クッションとして活躍

無印 体にフィットするソファ

おっぱいを卒業するころには、もう背中スイッチとかはなくなっていましたが、体をほどよい形で包み込んでくれる無印良品のビーズクッションはこどものお昼寝専用になりました。(画像はもうすぐ3才になる次男)

かなり中のビーズがへたれてきて、たれぱんだみたいにぐでーとなってしまっていますが、これはこれで広がって寝心地は悪くありません。

長男も次男もお昼寝の時間にこのビーズクッションに転がしておくと、いつのまにかぐっすり眠ります。

というよりも、ちょっと眠たくなったら寝心地がいいためか自分から転がりに来ます。

子供がある程度大きくなっても体全体が預けて寝れるので楽チンそう。

無印良品ではなく、パクリみたいなクッションで楽天で小さいビーズクッションも買いました。

持ち運びが簡単で重さも軽いので、好きな場所に移動させて使えるのが便利でした。

ただ、やはり本物の寝心地や座り心地には叶わずです。

無印良品のビーズクッションはリビングに置いて、昼間のお昼寝や授乳に、パクリの小さなクッションは寝室において夜中の授乳やあやすのに使っていました。

 

スポンサーリンク

 

無印良品の体にフィットするソファのデメリット

 

わたしが授乳や背中スイッチ対策の赤ちゃんの寝かしつけにいち押しのこのソファ。

デメリットがあります。

それは、使っている内に中に入っているビーズがへたれてくること。

ビーズがへたれてくるのはどうしようもないみたい。

楽天で別のメーカーのビーズだけを購入して、追加で入れる方法もあるけれどもビーズが静電気で飛び散って大惨事になるので、わたしは最初からヘタったら買うつもりをしています。

決して安い買い物ではないけれど、少しでも育児が楽になるようにそのへんの出費は必要経費ですよね!!

ね(´∀`*)

 

 

無印の体にフィットするソファを安く買う方法


この背中スイッチに圧倒的な活躍をみせる無印良品の「体にフィットするソファ」ですが、買うなら定価ではなく安く買いたいですよね。

定価は、体にフィットするソファ本体12,600円+ソファカバー3,150円〜5,000円です。

ソファカバーは種類によって値段が変わります。

ソファカバーをしないと、体にフィットするソファ本体がへたり本来のクッションとしての役割を果たさないので、絶対セットで購入しないといけません。

一番安くても、15,750円かかります。

でも、もっと安くで購入出来る方法があります。

 

 

無印良品のクレジットカードでセール時に購入

 

無印良品のクレジットカードを作って、直接無印良品のお店で購入。

たまに10%オフセールがあるので、その時を狙えば10%オフで購入できます。

わざわざお店に行かないといけないことと、持って帰るのが大変なので今すぐに欲しい場合は待ってられないかも。

 

 

ネットで購入

 

無印良品の公式サイトでも、もちろん購入できますがわたしはTSUTAYAのTポイントがたまるLOHACOロハコというサイトがおすすめです。

ビジネスの事務用品で有名なアスクルが運営しています。

5,000円以上の買い物で送料が無料になるのは、無印良品の公式サイトでもLOHACOでも同じですが、Tポイントが貯まるのはLOHACOです。

しかも、期間はいつまでかはわかりませんが、体にフィットするソファ本体のTポイントが10倍貰えるので12,600円の買い物で1,260ポイントつき、実質10%オフとなります。

しかも、アスクルだけに、基本的には翌日着で送ってくれます。

赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいて、すぐに欲しい!!

赤ちゃんがいるのにお店に行くのは大変!!

お得に買いたい!!

という場合は、ぜひLOHACOをチェックしてみることをおすすめします。

>>>ロハコで無印のビーズクッションを見てみる

 

くみんぼ「もうすぐ3人目が産まれるし、今のクッションへたってきたしまた買わなー」

 

 

最後に

 

赤ちゃんが産まれて苦労するのが、寝かしつけ。

少しでもママも睡眠を取りたい。

どうにかしてくれる育児グッズがあれば・・・と必死に思いでこのブログにたどり着いてくれた人は、ダメ元で無印良品の体にフィットするソファを試してみてくださいね。

これ、本当におすすめ!

 

【2016年1月5日追記】

出産予定が近づいてきてあと1か月ちょいなので、購入申し込みしました。

わたしの育児に無印良品のこの体にフィットするソファは必須なので、どちみち購入するのであれば先に用意してしまうことにしました。

カラーはどれでもよかったのですが、夫の希望で今までと同じレッドに落ち着きました(^^♪

 

→今回も出産して寝かしつけ授乳にと大活躍しています。

寝室用と普段過ごすリビング用とそれぞれ部屋においてます。

寝室は自分の布団の枕元に。

寝かしつけのときにも縦抱っこしないと愚図るので、このクッションにわたしがもたれて赤ちゃんを寝かしつけて寝たらずりずりと下にずれてお布団に寝かしています。

 

【注意】

寝返りの時期になったら、沈み込んで窒息しないように気を付けてあげてくださいね。

【関連コンテンツ】



スポンサーリンク






-便利, 育児グッズ

Copyright© くみんぼの京都で育児宣言 , 2018 All Rights Reserved.