5歳男の子/育てにくい子の子育ての悩みを育児相談した。

育てにくい子供

現在5歳の幼稚園年中の長男は、小さいころから育てにくい子でした。

ちょっと前まではそれで育児ストレスを感じることもありましたが、そこまで悩んでいませんでした。

しかし最近は妊娠して体調の悪いなか、わたしのキャパをオーバーしてきたようで「育てにくい子」だとなんとなく思っていたのが、さらにクッキリとしてきてもしかしたら発達障害なのかもと考えるようになりました。

自分で考えていても判断基準や対処方法もわからないので、とりあえず専門機関に相談することにしてみまました。

 

 

我が子を育てにくい子と感じていたエピソード

 

0歳

 

赤ちゃんのときは黄昏泣きで夕方になると何時間も泣き続けて、わたしは抱っこで泣き止むまで部屋をウロウロとしたり、大きめのマンションだったのでエントランスホールでウロウロをしてあやしていました。

0歳児のうちはまだ赤ちゃんのなので、言葉も通じず子育てとはそんなものとして思っていました。

わたしは疲れてはいましたが、たいして気にはしていませんでした。

 

 

1歳

 

1歳になるといろいろな場所へ長男と二人で遊びに行きました。

そのころは横浜に住んでいて、場所柄的に子供向けで遊べるイベントなども多く支援センターで遊び場もたくさんあったので、毎日お出かけしていました。

お出かけするのも大変なんですが、一番大変だったのが毎回遊び場から帰るとき。

いやーとなって支援センターや見知らぬ人にかなり助けてもらい、ベビーカーに乗せるのを協力してもらったりしていました。

自分が嫌なことがあると道に転がって、動きません。

「置いていくでー」と先に行くふりをして物陰に隠れていても、寝っ転がったままで結局戻って力づくで抱っこして連れていくこともしばしば。

1歳でまだ言葉もほとんどしゃべらないし、子供はこんなものかと思っていました。

 

 

2歳

 

2歳になると言葉が出てきて、たくさんおしゃべりをするようになりました。

本当にたくさん急にしゃべるようになり、語彙の豊富さにもびっくりしました。

「よくしゃべる子」というのはわたしの思い込みではなくて、一時保育で預けた先や見知らぬ人にも言われたので、確かによくしゃべる子でした。

遊びに行くのが大好きで、一時保育に行くときも愚図ったことはほぼなく、遊びに行ける!とむしろ喜んで出かけていました。

 

気に食わないことがあると、遊んでいるおもちゃを蹴飛ばしたり投げつけたりなどもありました。

他の遊んでいる子供にもしてしまうことがあるので、外に遊びに行ったときには目が離せませんでした。

 

2歳半を過ぎて、次男の出産が近づき元気で外遊びやすぐに遊びに出たがる長男の相手が難しくなり、幼稚園の2歳児クラスに入園させました。

幼稚園バスで送迎してもらいました。

最初は楽しく通っていましたが、じょじょに幼稚園に行かない病になって、制服に着替えをさせることと長男を幼稚園バスのバス停まで連れ出すこと、幼稚園バスに乗せることが大変になりました。

「幼稚園、行かへん!!」

と2歳児が全力で暴れます。

力も強くなってきているし抱っこでどうにか連れて行くのですが、産まれたばかりの次男もいたのでかなり苦労しました。

この幼稚園登園拒否は2か月ほどするとすっとなくなりました。

 

幼稚園は延長保育制度があり、週5フルで利用していました。

幼稚園の先生から、「なにか週5で利用される理由があるんですか?」なんて連絡が来たこともありました。

長男が延長保育を自分で希望していたこと、そして何よりわたしが出産したばかりの次男をみるのでいっぱいいっぱいだったこともあり利用していました。

が、そういう風に言われるとフルで延長制度を使うには、気持ち的に使いづらくなりました。

実際には言われた数か月だけ週3にするなど、日にちを少なくしましたが、進級にしたがってまた週5に戻しました。

 

このころから月数回くらいたまに夜泣きが出てきました。

あとで考えたら夜驚症の始まり。

夜中にむくりと起きて泣き出します。

話しかけても暴れてギャーとなくので、打つ手なし。

夫といろいろとやってみましたが、落ち着くまでは放置するしかないという結論になりました。

 

またお昼寝の寝起きも悪く、途中で起こすと30分以上は狂ったように泣きわめきます。

 

 

年少(3歳~4歳)

 

幼稚園の年少に進学すると、幼稚園の担任の先生からちょくちょくと子どもの様子について電話をもらうようになりました。

月数回です。

そんなもんだと思っていましたが、幼稚園で話せるママ友ができると他の人に比べて頻繁であることがわかりました。

自分のやりたいことを優先させて集団行動ができない。

気分が乗らないと何もしなくなる

機嫌がいいときでも、おしゃべりが過ぎて他の子にまで影響してしまう

等といった報告でした。

お家でも様子を気を付けてみてあげてくださいと、言われることがほとんどでした。

 

わたしが用事があって、幼稚園に預けている途中に幼稚園にたまたま行ったときにみたのは、

クラス全員が部屋に戻ることになって、長男以外は戻って下駄箱にいるのに長男はまだ遊びたくて遊具から離れない場面でした。

 

長男以外のクラスの子「長男くーーーん、中はいろーーーー」

 

無視して外の遊具で遊び続けている長男。

 

長男以外のクラスの子「長男くーん。一緒にはいろー」

 

しばらくグダグダとしていましたが、先生が長男の元へ迎えに来てくれて教室に入っていきました。

あーこういうことが頻繁にあるんだろうな、と改めて思いました。

幼稚園のお友達との関係は良好で友達はクラスの誰よりも多いと思います。

いろんなお母さんに、いつも長男の名前が出てきて仲良くしてもらっていると声をかけられます。

長男自身も、誰とでも仲良くなれるようで初めての場所で出会った子でも一緒に仲良く遊びます。

 

そして年少で始まったのがチック。

ずっと症状がでていたわけではなくて、ある日長男が不自然な目のしばたきから気づいたんです。

ぎゅっと目を閉じる現象が何度も何度も起こる。

幼稚園の先生からも後日「チックが出てます。ストレスを感じるような出来事に心当たりはありませんか?」と言われました。

参考 子供の不自然なまばたき、首振り、咳払い・・いつもと違うと思ったらチックかも。

 

夜に新たに始まったのが歯ぎしり。

結構な音でぎりぎりと寝ている間に歯ぎしりをしています。

ほぼ毎日です。

わたしは歯ぎしりではなく、若いころから睡眠中に歯のかみしめをしているそうです。

歯医者で指摘され、一時期マウスピースを作ってはめていました。

原因はストレスだといわれました。

子供の歯ぎしりもある種のストレスではないか?と思い、歯医者に定期健診に行ったときに相談しようと思いながら、毎回忘れてしまい長男が5歳になった今でもまだ相談できていません。

ネットで調べたことがあって、子供の歯ぎしりは大人の歯ぎしりのようにストレスが原因ではないという文章をみて危機感が足りないからかもしれませんね。

 

夜驚症は年中でも引き続き起こっていました。

 

 

年中(4歳~5歳)

 

チックがたまにでることがあります。

夜驚症は相変わらず月数回あります。

歯ぎしりは毎日です。

 

体が大きくなり、いやいやが出たときに無理やり何かをさせるのも難しくなってきました。

なにがなんでもとりあえず「いや」と言います。

外食しよう「いや、家で食べる」

家で食べよう「いや、外のごはんがいい」

幼稚園行こう「いや、今日はお休みする」

お片付けしよう「いや、お母さんが片づけて」

そして、無視をすることも多くなり話しかけてもテレビをみたりして自分の好きなことをして返事もしません。

テレビのリモコンを取り上げると、大声で泣いて暴れます。

ささいなことで、大声で泣きわめくのでわたしはうんざりです。

正直相手にするのがかなりのストレスです。

「抱っこ~」と言われても、妊娠中のわたしは20㎏の長男の抱っこも難しく、夫がひたすら抱っこしています。筋トレを毎週していて長男と次男を同時に抱っこできる夫が頼もしい。

この長男の尋常でない暴れっぷり、傍若無人にかなり疲れてきました。

今まで、感の鋭い自己の主張が強い個性的な子供だと思っていました。

しかし・・・

もしかして、長男は発達障害ではないのだろうか?

と最近ふと思いました。

もしそうなら、ハッキリと知りたい。

 

そう思って、育てにくい子と感じている長男のことを、専門家に相談することにしました。

 

 

育てにくい子という育児不安を専門家に相談

 

子育ての相談窓口はどこにしたらいい?

 

専門家に相談しようと思って、まず思いついたのは京都市のこどもみらい館(京都子育て総合支援センター)の相談窓口でした。

参考 京都こどもみらい館/乳幼児が無料で遊べる室内遊び場

 

京都市内在住の未就学児に対して、無料でカウンセラー(臨床心理士など)が相談に乗ってくれます。

電話相談などもあるのですが、直接話すほうが伝わるしより詳しい相談もできるだろうと、対面式の相談を選びました。

申し込み方法は電話で申し込みをして、日程調整のうえで折り返し連絡をもらい日程を決めるという流れです。

大体電話で申し込みをしてから1週間~10日ほどあとに日程調整になるようです。

わたしの場合は、申し込みをした翌日に直近の予約日程にキャンセルが出たということで、6日後の相談予約が取れました。

夫と夫婦で相談に行くことにしました。

平日の午前中ですが、夫のお休みも取れました。

持ち物は母子手帳を持参してくださいとのことです。

 

 

長男のことで相談したい内容

 

夫と相談内容をレジュメにまとめてみました。

 

 

≪母として心配していること≫

 

☑今までは育てにくいのはそれが個性かと思っていたが、発達障害などではないか?ということ

 

 

≪本人の気になる言動・困っている行動≫

 

☑1歳の時から遊びをやめて帰るときには、嫌がって帰るのが大変だった。

泣いて暴れてよく周りの人と一緒にベビーカーになだめたり実力行使で乗せたりしていた。

☑嫌なこと(遊びを切り上げる等)があると、それまで機嫌がよくても途端に不機嫌になって嫌がる

・・・大声で『イヤ!』という、ものを投げたりするなど

☑時々夜中に突然起きて、大声で泣き出す(夜驚症?)

・・・その時はなんでもかんでもいや、嵐が過ぎるのを待つのみ

夜驚症は2歳くらいから月数回あり。毎月ではなく、しばらくないときもあった。

一度始まると大体落ち着くまで1時間ほどかかる。

☑もともと昼寝の寝起きは悪い、自分の満足いくタイミングで起きないと、夜驚症のようになる

☑聞き分けが悪いときはとことん悪い、わがまま

☑自分のやりたいことを優先させるため、気分が乗らなければ幼稚園でも集団行動ができない。

気分が乗ればリーダーシップを発揮してみんなを引っ張っていく。(教諭からの指摘)

☑気に入らなければ聞こえないふりをする

☑作ったごはんは気に入らなければ食べない

☑自分のやりたくないことや楽しいことを中断されると、大声で泣きわめく

☑父の膝に座ってご飯を食べたがる、甘える、抱っこを要求する

・・・幼稚園の先生など、心を許す相手には同じようにしているそう

☑今まで絶対母だったのが、最近父に添い寝を求めるようになった

☑歯ぎしり

☑(過去に)チック症

☑(最近)タオルを噛んで寝る

・・・最近出かけている時に袖を噛んで唾液でべとべとにしており、寝る時も同じようにしていたので、それからタオルを与えている(過去に指吸もしていた、苦い薬を塗布して克服)

 

 

≪その他 置かれている環境など≫

 

☑3歳の男の兄弟あり

☑母が第3子妊娠中

・・・妊娠初期の悪阻の酷いとき(何も出来ないとき)、同じようにわがままになった。最近後期悪阻、産婦人科より安静を求められたことにより、行動力が落ち、わがまま復活した。

☑こどもは母に無理をさせられないことを分かっている(母にはだっこ、ひざ上などの要求はしてこない。最近はなるべく甘えさせるようにしていて、夫が対応してくれている)

☑割と記憶力がよく、神経衰弱は大人に勝つ

☑ごはんは母が作ることがほとんど、遊ぶのは父がほとんど

☑父は出張で泊りで家を空けることがしばしば(妊娠してからは控えている)

☑幼稚園ではリーダータイプで周囲から慕われている様子

☑もともと便秘気味で、排便は数日に一回

 

 

≪夫の個人的な分析≫

 

☑いやいやは言うが、お店など人のいるところではボリュームを抑えており、理性は働かせている様子

☑夜驚症の時を除いて、いやいやと言っている時でも冗談を言えばくすくすと笑う

 

 

夫は長男とわたしとの関わり具合によって、長男の行動や精神状態が左右されると考えているようです。

 

 

子育ての悩み/育児相談当日

 

当日は長男を幼稚園へ、次男を保育園に送ってから夫と車で行きました。

相談は、当日京都市のこどもみらい館の2Fへ5分ほど前に来てください。と言われていたので予約時間よりも少しはやめに到着。

事前に言われていたようにインターフォンを鳴らすと、待合室に案内されました。

 

 

まずは書類に記入

 

まず個人情報や、相談したい子供の情報を書類に記載します。

母子手帳はこの子供の情報を記載するために必要で、持参するように言われていたようです。

夫と手分けして記入。

出産時の様子から首すわりや歩き始めなど今までの成長の記録を書きました。

 

 

個室で子育て相談開始

 

広めの個室に案内されてました。

今回担当してくださったのは、臨床心理士の女性の方でした。

あらかじめ作成していた相談したい内容のレジュメをお渡ししました。

相談時間は50分だと思っていたのですが、初回の相談はもう少し長く90分時間を取ってあると伝えられました。

 

ほとんどこちらが現状を話す感じですすみました。

一番困っていることは何か?

なぜ相談しようと思ったのか?

それから家庭環境はどうなのか?(パパママの職業や仕事なども)

 

「今後子供への対応どうしたらいいのか?」ということを知りたかったのですが、その場で結論としてのアドバイスをもらうことはありませんでした。

そしてわたしが気にしていた発達障害を持っているのか?それとも性格なのか?という疑問も未解決のままでした。

今回の育児相談は、小児精神科医ではないのでわからないという可能性も考えていたので、仕方ないのかなと思います。

 

 

子育て相談今後の相談は?

 

子供の様子をプレイセラピー(遊びのなかで子供の様子をみていく)を行いつつ、長男を見てもらうことになりました。

プレイセラピーの間は親は別室にて、カウンセラーさんとの相談になるようです。

週1回決まった曜日決まった時間で50分。

プレイセラピーやカウンセラーさんも固定で同じ方が担当になりますといわれました。

 

すぐに始めてほしかったのですが、予約がたくさん埋まっているようで、1週間~10日後にあいている日程を連絡しますとのことでした。

だいぶ時間がかかりますね。

もしかしたら、4月以降でないと予約が取れないかもらしいです。

 

翌日には電話が来て、2月から育児相談(プレイセラピー含む)を受けられることになりました。

 

プレイセラピーを受けたレポはこちらから読めます。

参考 育てにくい子の育児相談/プレイセラピー体験1回目。プレイセラピーとは?