第五中足骨骨折

第五中足骨骨折の手術から1週間。リハビリは1/3加重開始

投稿日:

前回のお話はこちら

足の甲骨折手術から5日目/幼稚園の参観日とイオンモールへお出かけ

 

手術をしてからちょうど1週間後。

 

 

 

8時半に病院に到着。

夫が子供たちを送っていくついでに乗せて行ってもらいました。

 

 

手術後1週間後の診察

 

早速レントゲンを撮りに行きます。

予約が入っている状態なので、初診のときのように何時間も待たなくていいのが嬉しい。

レントゲンは上からとななめからと2枚撮影。

 

それから担当医の診察。

診察室に呼ばれると骨はずれておらず経過は順調のよう。

傷口に貼ってあるテープを剝がします。

消毒をして傷口をとめているテープをピンセットで丁寧にはがしていきました。

皮膚をつままれたらどうしようかとひやひや。

でも大丈夫でした。

傷口があらわになりました。

 

第五中足骨骨折手術の傷跡

(洗えてないので足がばっちいです( ;∀;)早く角質ケアとかしたい)

 

傷口は乾いてきてる感じ。

 

意外と傷が残っているというのがわたしの感想。

これから時間をかけてきれいになっていくのかもしれませんが、これは完璧キレイにはならなさそう(;´Д`)

 

しめったコットン?でキレイに傷口周りをふき取ってから、またテープをはります。

後で調べてみたら医療用のテープで、傷口をキレイに治すのに使われているようです。

その上から完全に傷口をおおうバンドエイドの大きいみたいなのを貼って終了。

 

経過が順調なのでリハビリも1/3加重でやっていく方針になりました。

担当医からリハビリ担当の理学療法士さんに連絡をしておいてくれるそう。

 

1週間後にまた診せてくださいとのことでした。

赤ちゃんをまた夫にみておいてもらわないと(;´Д`)

気がひけるけど、仕方ないか。

1週間たたなくても、傷口が痛みだしたり膿んだりしたら受診するようにとのこと。

 

 

リハビリは1/3加重

 

担当医の診察が終わってからゆっくりと両松葉づえでリハビリ室まで移動。

結構距離があるんです。

まぁ、リハビリになっていいかも。

 

9時の予約でしたが10分ほど遅刻。

あらかじめ遅刻してもOKと言われていたんですが、診察後だとどうしても時間に遅れるパターンが多いのかな。

 

担当理学療法士さんは他の患者さんをリハビリ中。

わたしは寝転んで足にゴムをつけてもらい手で持って、足首を上下に動かすトレーニング。

5分間のトレーニングが終わると担当理学療法士さんがやってきて、足の筋トレとマッサージ。

「先ほど担当医から連絡があって、今日から1/3加重でいきますね」

相変わらずリハビリは痛かったりくすぐったかったり。

 

終わると、体重計のようなマシンに乗ります。

体重が表示されました(;'∀')

いやーーん(恥)

ってわたしの体重を確認して1/3に設定。

左足に全体重をかけた状態から、徐々に右足に体重を移していきます。

棒グラフみたいな感じで、左足と右足の体重がリアルタイムで表示されます。

右足は1/3を超えてしまうと棒グラフが赤くなります。

ぴったんこの1/3の重さでとめる練習。

体の感覚をつかむということで10分間立って練習。

終わったら松葉づえをついて1/3加重で歩く練習。

次の診察まではこの状態で過ごしてくださいということでした。

担当理学療法士曰く、うまく回復していれば次週は1/2加重に進めるかもとのこと。

 

この日はリハビリを頑張ったためか、夜は足が結構腫れたのでしっかりアイシングしながら寝ました。

関連コンテンツ

-第五中足骨骨折

Copyright© くみんぼのいろいろざっき , 2019 All Rights Reserved.